外食 派遣

外食業界で派遣スタッフは年々ニーズが増え、飲食業に特化した即戦力のあるスタッフを派遣する企業が成長をしています。派遣スタッフは派遣先企業から仕事上の指示命令を受けます。在籍しているのは派遣会社であり、給料は派遣会社から出されます。派遣スタッフはそれまでの経験やスキルを活かせる業務で働くので、即戦力が必要な時に重宝されます。アルバイトと違い、求人広告がいらない為採用コストがかりません、給与計算も派遣会社から労働者へ支払われるため不要です。雇用保険や健康保険厚生年金の加入も派遣会社で行います。派遣されたスタッフが時点の雰囲気に合わないと思えば、ほかのスタッフにかえてもらえ、急にほかのスタッフが欠勤になった場合でもほかのスタッフが派遣されます。一日だけや数時間だけといった派遣もあります。このようにアルバイトと比べてみてもメリットも多くあります。

外食産業とはどんな産業でどのような種類があるのか

外食産業とは家庭の外で食事を提供するサービス業のことで食事の空間を提供する意味があります。お弁当やおにぎり、総菜など調理済みの食品を購入し持ち帰って店外で食する形態を中食といい、外食産業はこの中食を含めた産業の事を指します。ファミリーレストランやファーストフード、居酒屋、カフェ、などは外食産業であり、百貨店やスーパー、コンビニエンスストアでも総菜やお弁当などを含め、広い意味での外食産業といいます。業態別に見るとファーストフードではハンバーガー、ピザ、サンドウィッチ、ドーナツ、スープ、カフェ、牛丼店、カレー、うどん、定食、回転寿司、弁当、立ち食いそば、ラーメンなどあります。ファミリーレストランでは老若男女に幅広く展開している所から、中華イタリアン和食ステーキしゃぶしゃぶなど、テーマを絞った店など多岐にわたります。この産業で人手不足が慢性的にあり、派遣スタッフのメリットが見直されています。

外食産業での派遣スタッフのデメリットについて

外食産業での派遣会社が他に比べ成長を続けています。メリットがたくさんありましたがデメリットはどうなのでしょうか。派遣スタッフとお店は雇用関係ではなく、お店の都合で派遣スタッフに依頼や支持をだすのはNGとされ、どんなに忙しい時も事前の契約が必須です。店舗の掃除や買い物など契約外の雑用を頼んではならず、派遣スタッフとトラブルがあった時でも派遣会社を通すのでスムーズにいかないことがあります。また、仕事に慣れたころに契約期間中でも別のスタッフに交代するなどもあります。お店に対するロイヤリティー(帰属意識)が低く、孤立しがちな人もいます。労働派遣の場合、派遣期間は3年と定められており条件によって期間を延長したり正社員に切り替えたりすることもありますが多くは短期間です。ロイヤリティーが低いというのはやむえない部分であり、それをデメリットと考えるかは意見が分かれるでしょう。