10年後を見据えたアパート経営

アパート経営は、不動産投資として考えられています。アパート・マンション・駐車場など様々な不動産投資がありますが、このような不動産投資は長期で経営バランスを考える必要があり、綿密な計画性が重要となります。建築時には大きな設備投資となるため建築資金が負担となり、返済完了までには様々なランニングコストが掛かります。返済完了までのリターンを考えて資金を投じなければいけません。計画性がしっかりとしていないと不動産を所有することが逆に大きな負担となります。不動産投資の目的と10年後を見据えた確かな計画を立てることが重要となるのです。ここからは、アパート経営についての様々な問題や利回り、経営にあたり注意して億ポイントなどをしっかりと解説してゆきます。

不動産投資にはじめて取り組むオーナーが失敗しないアパート経営

不動産投資には様々な形式がありますが、大家さん自身がオーナーとしての主有する物件を利用者に貸し賃貸収入を得ますが、もっとも多いトラブルとして賃料支払いに関するトラブルが多いです。賃貸物件を貸し出す場合、敷金や礼金と共に家賃が支払われますが、敷金礼金ゼロというアピールをして賃貸物件を紹介する不動産業者が多いです。敷金は本来、家賃保証のために預かるお金で、担保金のようなものです。礼金の回収は徐々に少なくなっていますが、敷金に関してはしっかりとした意味があるため、必ず預かりましょう。万が一家賃支払いが滞った時には敷金を押さえ、支払いが出来ない場合、退去を求める必要があります。賃貸の家賃トラブルはもっとも多く、賃料の低いアパートに多く見られる傾向があるため、契約内容にしっかりと記載して、敷金は3か月程度受け取っておくことが大切です。

不動産投資そのものの意味と利益の計算をしっかりと

不動産投資は、相続時の対策として取り組む人がおられます。また、家賃収入を目的とした不動産経営もあるでしょう。いずれにしても大きな資金が必要となるため、資金計画を立てることが重要です。毎月の家賃から返済、10年後の修繕費、固定資産税、取得税、様々なコストを計算して収支のバランスを計ることです。必ず満室になるとは限りませんので余裕のある計画を立てることです。質の良い入居者を求めるためにも家賃設定をとても重要です。普通の間取りではなく、女性目線でおしゃれなインテリア空間を設計したり、ペットと住める住宅設計など間取りや設備に工夫を凝らし、付加価値を高めると空室が少なくなるでしょう。空室が出来たことで、家賃を下げるよりも、リフォームなどの工夫で質の高い入居者を集める方が、経営バランスが取れます。