外食 派遣

外食業界において派遣に就くメリットを紹介します。派遣スタッフとは自らのキャリアとスキルで即戦力として、業務を行うことです。近年、派遣スタッフへのニーズが高まっています。派遣の仕組みとしては、飲食店の直接の契約ではなく、雇用契約を派遣会社との間で結び、派遣会社が指示する飲食店で業務を行うこととなります。業務上の支持命令が派遣先の飲食店から受けることになりますが、在籍しているのは、派遣会社であり、給料も派遣会社からもらいます。派遣として、外食業界に就くメリットはアルバイトよりも若干給料が高めとなります。その分、業務における責任もアルバイトよりも高めです。飲食チェーン店は派遣の募集はあまり行っておらず、個人店やレジャー施設、リゾートホテルやデパートや空港などが派遣の募集が多いです。

外食業界においての派遣に就くメリット

外食業界のなかで派遣に就くメリットを紹介します。派遣スタッフとして、業務する際は、契約期間、労働時間などは事前に派遣会社と派遣先で決まれているので、当日、急に残業を任されることも事前の通告なしにはありません。他にも違う分野の勉強をしてみたい等、自分の生活スタイルを確保したい方には便利なシステムです。自身の持っているスキルや経験が高ければ、給料にも反映されやすいのも魅力的です。また、未経験でも業務可能なのもメリットです。比較的、年齢が高くても業務可能です。飲食業の経験をしておけば、業界が無くなることはないので、有利ですし、接客スキルが身についてスキルアップも可能です。アルバイトと比べると給料が高いのも魅力的な部分です。また、デメリットとしては、キャリアを積んでもあまり給料が良くならないことや立ち仕事等があります。

外食業界が派遣を選ぶメリットを紹介

外食業界が派遣を選ぶメリットを紹介します。派遣スタッフは経験やスキルを持っていることが多いため、即戦力を必要とする場合に大変魅力的です。アルバイトを雇う際には採用コストや勤怠管理や経理上の業務が必要ですが、派遣の場合は採用コストがかかりませんし、給料計算等も必要ありません。派遣スタッフの急病、急用等で出勤不可の場合も代わりのスタッフが派遣されます。1日や数時間といった短時間の派遣も可能です。派遣料は給料ではない為、消費税がかかりますが、派遣会社に支払った消費税分は控除することが可能なので、節税にもつながります。一方でデメリットは事前の契約内容以外の業務を依頼することができないことが挙げられます。また、派遣期間が最長3年間と定められていますので、同じスタッフとずっと仕事を続けられるというわけではないのです。